Twitterを利用した情報収集ツールを製作

PR | 遺品整理の専門店なら | SEO業者を頼んではダメ | 上越市で新築を建てる | 成功したブランディング事例なら |姫路市で離婚のお悩みを相談| 群馬県の注文家具店の壁面収納|

今たTwitterは日本人や日本の企業には欠かせないツールで、企業の中にはSNSのデータ分析に専門ツールを使う会社もいるほどです。

個人としての私が愛用しているTwitterの活用方法は、Twitterを情報収集ツールとして活用する方法です。

自分に必要なトレンド情報をあつめる方法として、現在は2つの情報収集パターンがあると言われています。一つ目は、従来の情報の集め方で、特定のサイトなど自分が興味関心を持っているサイトを予め決めて、更新された情報を取得していく方法です。二つ目は興味関心が近い「人」に軸を置いて、その人が発信している情報をキャッチする方法です。

基本的にTwitterを情報収集ツールとして使う場合は、二つ目の方法として特定のアカウントをフォローして情報をあつめるパターンとして利用することが一般的です。この場合は、人を軸としたトレンド情報はキャッチすることができますが、それだけで足りない、公式情報の更新などには、いち早く対応することが難しくなります。

そこで私が利用しているのが、公式の更新情報も人を軸にしたリアルタイムでのトレンド情報も一つにまとめて情報収集を行う、Twitterの活用方法です。以下にその具体的な利用法を紹介します。

その方法は、まず、通常のTwitterアカウント同様に気になる情報を発信しているTwitterのアカウントや特定の人をフォローします。こちらでトレンド情報のキャッチは行えるかと思います。

次に、同様のTwitterアカウントにて、公式サイトの更新情報が拾えるように仕掛けをします。こちらの仕掛けにはサイトが発信しているRSS情報を利用します。多くのWebサイトでは、サイトが更新されたときに、その情報を伝えるRSSと呼ばれるプッシュ配信の仕組みを持っています。外部のサービスを利用することで、このサイト更新の発信をキャッチした時に自分のTwitterのタイムラインにそのその自動で配信されるようにすることができます。

外部サービスには様々なものがありますが、多くのツールでは、無料で利用できるお試しアカウントを発行することができますので、あまりにも多くの情報を収集するのでなければ、無料の範囲内で利用することが可能です。

これで、一つのTwitterアカウントを見れば、サイト情報の更新と界隈での人を介したトレンド情報のキャッチを可能とした、最強の情報収集ツールが出来上がります。

以上が、私のTwitter活用方法です。次回は、ツイッターデータ分析についてご紹介します。

PR|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科健康に役立つ口コミ情報